キャンパスブログ

  • TOP
  • キャンパスブログ
中四国初!『ゲームジャム』参加に向けた事前セミナーが本校で開催されます。
| 2015-06-24 | ゲームクリエイター学科 ゲームプログラマー学科 |

プロのゲーム開発者と学生たちで即興の開発チームを作り、制限時間内にゲームを開発するゲーム開発イベント『Game Jam(ゲームジャム) 主宰:IGDA(国際ゲーム開発者協会)

 

当日になるまで誰とチームを組むかわからないワクワクドキドキのイベントです

 

 

実は、今年822日~23日に開催される『東北ITコンセプト福島Game Jam 2015に、本校のゲームクリエイター学科&ゲームプログラマー学科の学生が参加させていただくことになりました

 

これまで中四国からの参加はなく、今回が初めて

今回のイベントでは中四国地方において先進的な役割を果たすことが期待されています

 

また、8月のゲームジャムに向けての事前セミナーも、本校で開催することになりました

 

講師は、あのゲーム開発エンジン「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 アセットストアマネージャーの「常名隆司様」です

 

1回となる627日には、Unityのアセット活用方法について学び、

74日に第2回として、ゲームジャム事前勉強会を行う予定

 

どんなゲームが出来上がるか、今からとても楽しみです

事前セミナーの報告もするので、楽しみにしていてくださいね

 

 

『東北ITコンセプト福島Game Jam 2015』公式サイトfgj.igda.jp/

ゲームクリエイター学科&ゲームプログラマー学科www.oic-ok.ac.jp/course/game.html

 

 

医療福祉事務学科2年生が接遇実習を行いました(日本茶編)
| 2015-06-10 | 医療福祉事務学科 |

医療福祉事務学科年生が、先日の接遇の授業で「日本茶の美味しい淹れ方」、「和菓子のいただき方を実践しました

 

授業では、お茶の淹れ方やお客様への出し方、和菓子をのせる懐紙の折り方など、一生懸命ノートを取りながら、ちゃんと頭に入れたはずなのに…

実際にやってみると、頭でわかっているのとは大違い!!

「懐紙の折山はどっちが慶事の折り方なの(>_<)お茶が出すぎで渋い~~T_Tお盆の持ち方ってあるの?(^_^;)などなど、実践では上手くできない場面もたくさんありました

また、和菓子には上用・きんとん・外郎・練切などさまざまな種類があり、季節にちなんだ名前がついていることも初めて知って感動

授業の最後には、みんなで日本茶と和菓子をいただき、スイーツ好きの学生にとっては至福の時間となりました

これから社会に出ると、仕事で上司やお客様にお茶を出す機会も増えると思いますので、今日学んだことをこれからも活かせるようにして欲しいと思います

 

 

 

 

医療福祉事務学科http://www.oic-ok.ac.jp/course/medical.html

岡山全日空ホテルでテーブルマナー実習を実施しました。
| 2015-06-18 | 医療福祉事務学科 |

先日、医療福祉事務学科の2年生が、岡山全日空ホテルテーブルマナー実習を行いました

 

社会に出る前に身につけておきたい食事のマナーを実践で学ぶため、毎年実施しているテーブルマナー実習

フルコースをいただく際のマナーは、事前に接遇の授業で習っていましたが、いざ目の前に豪華な料理が運ばれてくると少し緊張気味に…

「これを使ったらいいのかな??」とフォークやナイフを一つずつ確認しながら食べ始めました

コースが進むにつれて学生も少しずつ慣れてきたようで、クラスメイトとの会話も楽しみながら食事ができました

また、食事の合間には岡山全日空ホテルの講師の方からのお話もあり、「将来職場の方々と食事会に行った時、どのような点に気をつけたらいいか?」などを教えてくださいました

将来の参考にと、学生達もしっかりと耳を傾けていました

実習の最後には、ホテル内のチャペルも見学させていただきました

普段はなかなかできない貴重な体験が出来た1日でした

 

 医療福祉事務学科www.oic-ok.ac.jp/course/medical.html

CGデザイン学科2年生が、カバヤ食品のうらじゃTシャツをデザインしました!
| 2015-06-11 | CGデザイン学科 |

カバヤ食品株式会社様

×

OIC CGデザイン学科

 

 

授業でテーマを決めた制作だけでなく、外部の各種コンテストや公募、企業からいただくデザイン制作のご依頼などを通して、実践的にデザインを学んでいるCGデザイン学科

 

昨年はカバヤ食品株式会社様にお声掛けいただき、うらじゃカバヤ連の踊り子衣装や裏方エプロン、Tシャツなどを学生がデザイン実際にお祭りで使用していただきました

その際、学生ならではの自由な発想やアイデアが光るデザインを大変ご好評いただき、うれしいことに今年もお声掛けいただきました

 

今年はうらじゃカバヤ連の新しい『うらじゃTシャツ』をデザイン

 発表の場を設けていただき、カバヤ食品株式会社のご担当者様の前でプレゼンしました

持ち時間は一人3分 PowerPointを使って自分が考えたデザインをご提案

17名全員のプレゼンを聞いた後はすぐに検討会議をしていただき、その日のうちに採用されるデザインが決定

今回はCGデザイン学科2年の植村 麻衣子さんのデザインが最終的に選ばれました

 

 

最後はカバヤのお菓子がたくさん入った『カバ缶』もいただき、学生たち全員でおいしく頂きました

カバヤ食品株式会社様、本当にありがとうございました

 

 

今回のコラボを通して、学生たちはクライアント様からの要望を反映する『実際のデザイン制作』のやりがいや楽しさ、プレゼンの難しさなど、さまざまな経験を積むことができました

今後もさまざまなデザイン制作を通して、実践力を身につけていきましょう

 

CGデザイン学科www.oic-ok.ac.jp/course/cg.html

ホテル・ブライダル学科1年生が県内の結婚式場に研修に行きました。
| 2015-06-19 | ホテル・ブライダル学科 |

先日、ホテル・ブライダル学科1年生が県内研修(ブライダル編)を実施しました

今回研修にご協力いただいたのは、岡山市内にある結婚式場、「森の邸宅 彩音(あのん)」「ラヴィール岡山」の2会場です。

 

研修前には意見を出し合いながら、研修の目標やルール、企業調べ、質問内容などをまとめ、この研修がより自分たちの力になるよう、しっかり準備

 

当日の研修は、1組が「森の邸宅 彩音」、2組が「ラヴィール岡山」に分かれて実施しました

  

「森の邸宅 彩音」で一番学生の心に残ったのは、森の中に佇む木と石で作られた温かみのあるチャペルで行われた模擬人前式

実際の挙式さながらの緊張感の中、新郎新婦様・親御様・列席者・式場スタッフ・・・それぞれの想いを感じながら見学させていただき、挙式がお開きになる頃には感極まって何人もの学生が涙を流していました

 

「ラヴィール岡山」では、豪華なロビーの雰囲気や、会場内のアロマの香りに感動

屋上のグレイスコート・チャーチや、和装が似合う神殿式場、さまざまな披露宴会場を見学させていただきましたプロジェクションマッピングなどの最新の演出の数々にも驚き、大きな歓声が上がりました

 

 

また、多くの卒業生がホテル・ブライダル業界で活躍しているOIC

今回お世話になった2会場でもたくさんのOIC卒業生が働いており、先輩の活躍ぶりを間近で見て、さらに夢に一歩近づくことができたようです

卒業生の現役プランナーをはじめスタッフの方々から、仕事の厳しさや、やりがいを感じる瞬間今のうちに学んでほしいことなど、率直なお話もたくさんしていただき、多くのことを学ぶことができました

 

 

 

結婚式に参列した経験が少ない学生たちにとっては、想像でしかなかった結婚式場

今回の研修で、現場を実際に目で見て、体感したことで、結婚式やブライダル業界の魅力を改めて感じることができました

「森の邸宅 彩音」、「ラヴィール岡山」のスタッフの皆様、研修にご協力いただき本当にありがとうございました 

 

ホテル・ブライダル学科www.oic-ok.ac.jp/course/hotel.html