コースについて -About Couse

ホーム>コースについて>通信制について

通信制について

通信制高校の仕組み

通信制とは通信により教育を行う課程のことで、学校教育法により修業年限は3年以上と定められています。
自分に合ったペースで学習し卒業資格を取得することができます。
基本的には自学自習により、課題の添削(レポート)、面接指導(スクーリング)、試験(テスト)などを通じて単位を取得します。

サポート校とは

通信制高校に在籍する生徒に対して、3年間で卒業ができるよう単位取得・進級などに必要とされる支援を行う教育施設のことです。
本学園では入学と同時に、通信制高等学校であるクラーク記念国際高等学校にも入学し、3年間で通信教育による高等学校卒業をめざします。(転入学・編入学の方は、以前に在籍していた高等学校の単位及び修学年月期間が認定されますと、卒業要件74単位、3年間の修業年限が短縮されます。)
通信制高校での勉強は独学になるため、途中で挫折して学校をやめてしまったり、卒業までに長い時間がかかってしまう生徒が多くいます。
そのような生徒を学習面・生活面・精神面などさまざまな面で手助けをしていくのがサポート校です。

  • ※ 転入学…他の高校に在籍している生徒が、入学することをいいます。
  • ※ 編入学…他の高校を中途退学した生徒が、入学することをいいます。

希望高等学園の特長

  • 週2日通学コース、岡山Webハイスクール、大学特進コース、才能・個性育成コースの中から選んで入学し学習しますので、不登校の方も無理なく就学可能です。
  • 週2日通学コースは、希望の日にいつでも通学し学習することができます。個別指導中心の授業となっています。
  • 岡山Webハイスクールは、自宅でのネット学習が中心の学習ですので、誰でも入学し卒業するこが可能です。
  • 大学特進コースは、週2日通学コース+クラーク高校のWEB学習システムを利用して自宅で、いつでも受験勉強をして、大学合格を目指します。
  • 才能・個性育成コースは、週2日通学コース+デザイン・音楽などの得意な分野の才能を伸ばします。
  • スクーリングは、岡山キャンパスで実施されます。クラーク記念国際高等学校の北海道本校に出向いてスクーリングを受ける必要はありません。
  • 学園内での暴力・いじめ・差別等のない学校運営と、生徒一人ひとりの個性を大事にする教育方針により、長期欠席・不登校・中途退学者は、ごくわずかです。
  • 学習意欲のある生徒のほぼ全員が留年・卒業延期することなく、高校卒業資格を取得し卒業しています。
  • 卒業後の進路は、進学(大学・短大・専門学校)に成果を上げています。
ページの先頭へ