キャンパスブログ

  • TOP
  • キャンパスブログ
第41回 日本診療情報管理学会学術大会で最優秀賞・優秀賞にダブル受賞しました!
| 2015-09-26 | 診療情報管理士学科 |
 
第41回 日本診療情報管理学会学術大会で
OIC診療情報管理士学科2年生
最優秀賞優秀賞にダブル受賞
!!
 
 
9月17日~18日に岡山コンベンションセンターで開催された、第41回 日本診療情報管理学会学術大会に診療情報管理士学科の1・2年生が参加しました

日本診療情報管理学会学術大会とは
年に1度、診療情報管理士および病院関係者が全国から集い、研究・調査したことなどを発表し、情報交換をする大会です。

第41回 日本診療情報管理学会学術大会

学生セッション(学生発表)では、全国の大学・専門学校が参加。
本校OICの診療情報管理士学科から2年生2組が
初出場し、それぞれの演題で研究成果を発表。
今年の学生セッションは過去最高のエントリー数(41演題)。そのうち、最優秀賞1組、優秀賞7組が選ばれます。
他校は大学の4年生・専門学校の3年生が出場していたにも関わらず、
OICから出場した2年生2組が最優秀賞優秀賞をダブル受賞しました!!

<最優秀賞>
遠藤・入矢チーム
演題「診療情報管理士が介護福祉分野で活躍するための可能性について」

<優秀賞>
浪越・武・大西・藤井・岡馬チーム
演題「診療情報管理士が診療所で活躍するために必要な付加価値について」

 発表に使用したデータは、現役の診療情報管理士の先生や診療所にアンケートを依頼し収集。
インターネットなどで手軽に情報が手に入る現代ですが、あえて現場の声をアンケートより収集し、独自の視点でまとめ、提案を行ったことが評価されました
このことについては、学術大会閉会の最後の挨拶でも触れられました。

また、発表練習には、さまざまな学科の教師に協力してもらい、多角的な視点からアドバイスをもらいました。

発表者以外にも、診療情報管理士学科1年生も本大会に参加し、来場者の応対を行う受付などのボランティアとして活躍しました

OICで毎年行っている研究発表のレベルの高さが、全国に通用するレベルであることを、本大会の最優秀賞・優秀賞という結果から改めて実感しています。

この感動成長につなげ、来年の大会でも活躍できるように邁進していきます。

診療情報管理士学科 http://www.oic-ok.ac.jp/course/health.html