診療情報管理士学科3年課程

文部科学大臣認定 職業実践専門課程

日本病院会認定 指定校

チーム医療を支える
医療情報のプロに。
医学・医療関連知識からIT知識まで幅広く学習。
大規模医療機関への就職をめざして、診療録や手術記録などの
「診療情報」を管理・活用し、より良い医療の提供や
病院経営についても提案できる専門家を育成します。

めざす業界・職種

[医療専門職]

診療情報管理士

医療情報システム管理者

地域医療連携スタッフ

[医療事務系]

医療事務・秘書

ドクターズクラーク

  • 魅力

  • カリキュラム

  • 資格

  • 就職

魅力

  • 13年課程だからこそ
    出せる高い実績
    3年間学ぶからこそ、診療情報管理士資格の取得率は圧倒的!ほかにも実務で役立つ多様な資格を取得し、チーム医療の一員として活躍できるスペシャリストをめざします。
  • 2医師や専属講師による
    特別講義
    病院長や現役診療情報管理士による特別講義や、専属の診療情報管理士指導者からの直接指導で生きた専門知識が身につきます。
  • 3圧倒的な
    「病院」就職実績
    診療情報管理士資格は大病院に就職するからこそ活かせる知識。そのためOICでは病院就職にこだわり、2020年度は卒業生全員が病院に就職しました。
    ※病院…入院ベッド数20床以上

カリキュラム

1年次・2年次・3年次

医学知識とIT知識、保険請求事務などを学習する他、ドクターや現役の診療情報管理士が実務に即した知識が身につく授業を展開。
診療情報管理士・地域連携等の実務を病院実習で直接学びます。

カリキュラム

1年次保険請求事務(医科) 保険請求事務と窓口業務について理解し、患者様へのサービス向上に貢献します。

カリキュラム

1年次臨床医学総論・各論(基礎医学) 総勢約15名の現役ドクターによる基礎医学の講義を学内で受けることができます。

カリキュラム

2年次Excel上級 医療情報を活用する際に欠かせないExcel。院内の業務改善やデータ活用を行うために必要な技術を修得します。

カリキュラム

2年次医療情報技術 医療機関で働くにあたって必要となる医療情報の基礎的な知識を修得します。

カリキュラム

3年次がん登録実務 がん患者のさまざまな情報を把握し分析する仕組みを学習します。

カリキュラム

3年次データベース演習 Access®を使って大量の医療データを整理・管理し、分類や検索ができるスキルを修得します。

カリキュラム一覧

  • 医学・医療用語
  • 医療概論
  • 人体構造・機能論
  • 臨床医学総論
  • 臨床医学各論
  • コンピュータ概論
  • 保健医療情報学
  • 医療コンピュータ演習
  • プレゼンテーション演習
  • 保険請求事務(医科・DPC)
  • データベース演習
  • ドクターズクラーク
  • 医療秘書
  • 医療管理総論
  • 医療管理各論
  • 医療情報技術
  • 医療統計学
  • 診療情報管理
  • 診療情報管理演習
  • 国際統計分類
  • がん登録実務
  • コミュニケーション技法
  • RPA開発
  • 病院実習
  • Excel演習
  • Word演習
  • ビジネス実務
  • ペン字
  • 卒業研究

時間割

OICオリジナル

  • PICK UP!

    日本診療情報管理学会学術大会
    学生セッションに参加

    在学中から実務者レベルの学習に重点を置いているOICでは、医療現場の最新情報および取り組みを常に意識。日本診療情報管理学会学術大会では学生セッションに参加しています。過去には受賞実績もあり、全国的にも高い評価をいただいています。 (2015年は最優秀賞と優秀賞をダブル受賞、2016年は優秀賞を受賞しました)
  • 圧倒的な合格実績

    3年課程だからこそ実現できる!
    診療情報管理士認定試験の圧倒的な合格実績

    入学時から着実に知識を身につけていくので、全員受験にも関わらず県内の専門学校・大学と比較しても圧倒的に高い合格実績を誇っています。そのほか、現場で本当に必要とされている資格も多数取得していきます。

    診療情報管理士認定試験結果

    • 一期生2016年度 取得率
      100 (17名中17名取得)
    • 二期生2017年度 取得率
      77.8 (18名中14名取得)
    • 三期生2018年度 取得率
      89.7 (29名中26名取得)
    • 四期生2019年度 取得率
      80.0 (25名中20名取得)
    • 五期生2020年度 取得率
      93.3 (15名中14名取得)

実践教育

岡山県内外の医療機関において、診療情報管理士・地域連携等の実務を病院実習で学習。将来を見据えて、2回の実習で目標を持って学ぶことにより、実務に強い診療情報管理士をめざします。

  • 講師メッセージ

    IT化が進む医療機関で活躍できる
    「多様性」のある人材を育成します。

    診療情報管理士認定試験は容易に合格できる試験ではないからこそ価値があり、その過程で成長できるチャンスがあります。「病院」で働きたいという憧れを軸に持ち、自分の可能性を広げる素敵な3年間を一緒に作っていきましょう。

    浅野 文章 先生

  • 在校生メッセージ

    同じ目標に向かい、
    お互いに教え合える素敵なクラスです。

    現場経験に基づいたリアルな医療現場の話をしてくださる先生や、重要なことをしっかり覚えられるように工夫してくれる熱心な先生ばかりです。仲間と協力し合って3年間でたくさんの資格を取得できるよう頑張りたいです。

    三原 奈々さん 2020年度入学生 玉島商業高等学校出身

資格

主な資格取得実績

2021年度卒業生29名

  • 診療情報管理士認定試験
    取得率

    75.9%

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
    取得率

    82.8%

  • がん登録実務初級者認定試験
    取得率

    100%

  • 医療情報基礎知識検定試験
    取得率

    100%

「合格率」=受験者数に対する合格者数の割合 「取得率」=クラス全員に対する合格者の割合

※OICでは%や合格者・受験者だけでなく、クラスの人数まで表記して「実際の人数」を伝えることを大事にしています。

その他めざす資格

  • *医療情報技師能力検定試験
  • *ITパスポート試験〈国〉
  • *医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク®)
  • *医療事務技能審査試験(メディカルクラーク®)
  • *Access®ビジネスデータベース技能認定試験
  • *マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)Excel 

就職

活躍する卒業生

主な就職実績

【県外病院】医誠会病院、大阪府済生会茨木病院、北里大学病院、興生総合病院、鳥取県立厚生病院、鳥取大学医学部附属病院、福山第一病院、箕面市立病院 他
【県内病院】岡山医療センター、岡山大学病院、笠岡第一病院、倉敷スイートホスピタル、倉敷成人病センター、倉敷中央病院、倉敷中央病院リバーサイド、近藤病院、心臓病センター榊原病院、平病院、高梁中央病院、津山中央病院、まび記念病院、水島中央病院 他

※順不同 ※法人名等は省略しています。

企業からのメッセージ

情報管理だけでなく、データ活用の可能性を
見つけることができる楽しい職種です。

診療情報管理士業務は一般的な診療情報管理のほか、院内がん登録、DPC点検・分析、診療録監査など多岐に渡ります。医療従事者が働きやすい環境のためのシステム構築の仕掛けを作ったり、医療サービスの仕組みが正しく機能しているか監査、証明したりすることが大きな役割です。また、チーム医療において医療従事者間をつなぐ役割も担っているため、システムや情報を扱うテクニカルスキルも必要ですが、それ以上にコミュニケーションスキルも不可欠です。コロナの影響で、世の中や病院を取り巻く環境が一気に変化している今、状況は刻々と変わっています。情報を扱う専門職として、最新内容や一次情報を確認する癖をつけておくことが大切だと思います。

島田 裕子 氏 独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター 事務部企画課 診療情報管理専門職

キャンパスライフ

    NEWS

      関連リンク

      関連学科

      • 1年生

      • 2年生

      • 3年生